調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

内容証明郵便・訴訟提起への対応

ある日突然、弁護士名で内容証明郵便が送られて来た。1週間以内に払えと書いてあるけど、支払わなければいけないの?

オーナー

裁判所から訴状が届いた。無視したらどうなるの?

内容証明郵便は、あくまで相手方の要望を伝える文書にすぎません。記載どおりの対応をしなくても不利益を受けないことが多いです。しかし、対応せずに放置していると、裁判を起こされることもあります。あなたにとってどういう対応が最善なのか、アドバイスいたします。

裁判所から訴状が届いたにもかかわらず、無視をして指定された期日に出頭しないと、欠席判決が下され敗訴してしまいます。あなたの言い分もあるでしょう。対応について一緒に考えていきましょう。

民事事件の料金表

経済的利益の額 着手金及び報酬金
金50万円以下の場合 15%(消費税別)
金50万円を超え
金100万円以下の場合
12%+金1万5000円(消費税別)
金100万円を超え
金300万円以下の場合
10%+金3万5000円(消費税別)
経済的利益の額 着手金 報酬金
金300万円を超え
金500万円以下の場合
300万円の場合と同じ 10%+金18万円(税別)
金500万円を超え
金3000万円以下の場合
5%+金9万円(税別) 10%+金18万円(税別)
金3000万円を超え
金3億円以下の場合
3%+金69万円(税別) 6%+金138万円(税別)
金3億円を超える場合 2%+金369万円(税別) 4%+金738万円(税別)

※調停事件・示談交渉事件の場合は、上記により算定された額の3分の2に減額することができます。
※着手金は10万円(消費税別)を最低額とします。

関連記事

Page Top