調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

刑事事件逮捕勾留されている方への差し入れについて

質問

家族が逮捕されて、現在、警察の留置施設にいます。差し入れをしてあげたいと思っていますが、何か注意することはありますか。

 

 

回答

弁護人等以外の一般の方が差し入れをする場合、受付時間内に行う必要があります。

差し入れできる物品としては、書籍や衣類、現金などが可能です。衣服については、紐や金属がついているものは差し入れることはできませんが取り除けるのであれば取り除いて差し入れすることができます。ただし、差し入れ可能な物品でも枚数、冊数に制限があります。

その他、自傷・他傷のおそれがあるものは差し入れることができません。

手紙や写真も接見等禁止処分が付されていなければ可能です。

 

これら色々と制限があり、留置されている警察署によって取り扱いがことなることもあるので、差し入れる前に警察署の留置施設に直接問い合わせるのがよろしいかと思います。

 

なお、差し入れをするにあたって印鑑が必要になりますし、身分確認されることもあるので、印鑑と身分証を持参するようにしましょう。

関連記事

Page Top