調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

逮捕されてすぐでもお金を納めれば保釈はしてもらえますか

質問

家族が昨日逮捕されてしまいました。よく保釈という言葉を聞くのですが、逮捕後すぐにでもお金を納めれば保釈はしてもらえるのですか。

 

回答

犯罪の嫌疑をかけられた場合、起訴前は被疑者、起訴後は被告人と呼ばれます(なお、起訴とは簡単に言うと検察官が裁判所に対して刑事裁判を求めることです)。そして保釈の請求ができるのは起訴後の被告人となってからです

そこで、被疑者として逮捕・勾留されている段階では、保釈ではなく、勾留請求させない、勾留請求を認めさせない、勾留がされた場合にその決定を争う、勾留の延長をさせないといった形で身柄の解放を求めていくことになります。 

被告人として引き続き勾留がされてしまった場合には保釈を求めることができますが、お金を納めれば必ず保釈されるというわけではありません。裁判所が保釈を許可する決定を出して、そこで定められた金額を納めてはじめて保釈されることになります。

 まず、保釈には大きく分けて①権利保釈、②裁量保釈があります(③義務保釈というものもあるのですが、ここでは割愛します)。

 まず、①権利保釈ですが、重大犯罪であること、常習性のあること、罪証隠滅のおそれがあることなど一定の要件に当てはまらない限り権利として保釈が認められるというものですが、罪証隠滅のおそれなどがあるなどと判断されやすく実務ではなかなか認められません。

 そこで、通常は①権利保釈と合わせて②裁量保釈を求めていくことになります。

裁量保釈とは、権利保釈が認められない場合でも裁判所が「適当と認めるとき」に裁量によって保釈を認めるというものです。

この裁量保釈にあたっては、事件の軽重・性質・内容、前科前歴、家族関係、職業等の諸事情を考慮して、保釈の必要性・相当性が判断されます。

実際には、判決で執行猶予が見込まれるような事案か、保釈されないことによりどのような不利益が生じるか(自分がいないと会社がつぶれてしまう等)、逃亡する可能性があるのか(家族がおり、会社でも地位があるので逃げるわけがない等)などを積極的に主張していくことになるかと思います。

また、法律上の要件ではありませんが、通常身元引受人が必要とされます。

なお保釈保証金は、保釈を求める人の資力によって金額は異なりますが、呼び出し等にきちんと応じて裁判が何事もなく終われば返還されます。

関連記事

Page Top