調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

離婚に際しての婚姻費用(生活費)の請求について

質問

稲城市在住の専業主婦です。私は、今夫との離婚を考えており、その前に別居をしようと思っています。でも、子供が小さい上に専業主婦であるため家を出ても生活ができません。その場合、夫に生活費をもらうことはできるのでしょうか。また、それはいつからもらえるのでしょうか。

 

回答

夫婦が婚姻生活を継続するにあたってかかる費用のことを婚姻費用といい、別居後はこの婚姻費用の分担を配偶者に求めることができます。

その金額ですが、基本的には、受け取る側(あなた)と支払側(夫)の収入を元に金額を定めていくとこになります(なお、金額の参考とされる表(算定表)があり、これは、裁判所のホームページで確認することができます)。

ですので、今回のケースでは、あなたは別居後から、夫に対して婚姻費用の分担の請求をすることができます。

話し合いによっても合意に至らない場合には、調停を申し立てることもできます。

なお、別居後しばらくたった後に別居時からの婚姻費用もさかのぼっての支払いを求めて調停を申し立てても、現在の実務では請求時(多くは調停申立時)からしか認めてもらいないことがほとんどです。

ですので、別居後、婚姻費用について話し合いがつかないのであれば、早い段階で内容証明郵便を送る、調停を申し立てるなどの方法をとることをお勧めします。

関連記事

Page Top