調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

離婚の際に住宅ローンの連帯保証人から外れることはことはできないか?

質問

今、夫婦で離婚に向けて話し合いをしていますが、結婚生活中に購入した多摩市のマンションのローンの件で困っています。というのも、このマンションは夫が住み続け、夫がローンを払い続けることで合意はできているのですが、私も連帯保証人になっているため、連帯保証人から外れたいのです。

夫との話し合いで夫が支払うとの合意ができれば、私は支払う義務はなくなりますか。

 

 

回答

住宅ローンの場合、利害関係を有する債権者(金融機関であることが多いと思います。)がいるため、夫婦間の話し合いだけで支払い義務者を夫だけと夫婦で合意しても、債権者との関係では効力を生じません。したがって、仮に夫の支払が滞った場合、債権者(金融機関)からあなたに請求が来ることになります。

この請求をこなくするためには、債権者を含めた話し合いをし、債権者の承諾を得なければなりません。ただし、その承諾は、債権者の都合もあり簡単ではないことが多いです。

なお、離婚前にその承諾が得られればよいですが、離婚前に承諾を得られなかった場合には、離婚協議書の中に、夫が債権者(金融機関)に対して、妻を連帯保証人からはずすように交渉することを約束する旨や、妻が債権者から請求され支払わなければならなかった場合には、妻が支払った金額を夫が妻に支払う旨の条項を入れることも考えられます。

 

関連記事

Page Top