調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

掃除の効用

当事務所では、毎朝のミーティング前の15分間、メンバー全員で事務所内・建物の共用部分と1階入口の掃除を行っています。

 

法律事務所の場合、掃除は業者さんや事務スタッフさん任せで、弁護士はやらないところも多いかもしれませんが、私は、諸々の理由から、メンバー全員での掃除を続けています。

 

今でも思い出すのが、事務所を立ち上げた平成24年5月1日、朝6時前に掃除機を丁寧にかけながら、沢山のお客様がいらっしゃる事務所になりますようにと願ったことです。

この気持ちは開業から5年以上経った今も変わらないのですが、掃除をする度に、思いを新たにすることができます。

 

私は、主にトイレと外回りの掃除を担当しています。掃除のおかげで、同じビルの他のテナントさんともご挨拶するようになりました。

枯葉の時期や風が強かった日の翌日は、外の掃除は大変です。春から夏にかけての時期も細かな花弁が溜まることが多く、意外に手間がかかります。季節でいえば冬が一番楽なのかもしれません。

春になると、蟻や虫たちが動き出すため、塵と区別するのに手がかかるのですが、季節の移り変わりを実感します。

 

掃除により血流が良くなり、穏やかな一日を祈りながら手を動かしているので気持ちも前向きになり、同じ作業を終わらせてからミーティングに入ることで、スムーズに進められます。

 

なお、掃除の役割をたまに変えてみると発見があります。「事務所の掃除機(当事務所では事務スタッフさんの担当)はこんなに使い勝手が悪かったのか、大変だな。」「ここまで丁寧にやるんだ。」と感心したり、逆に「ここを掃除していないじゃないか、ここをやらなきゃ。」と思うこともあります。掃除のやり方一つとってもそれぞれの性格が現れます。

 

会社の本業では、社長、部長、新入社員の役割を交代することは出来ませんが、掃除では、簡単に相手の立場に実際に立つことができます。皆様の会社でも試されてはいかがでしょうか。

 

関連記事

Page Top