調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

調布の弁護士による相続・遺言・遺産分割のご相談[調布くすのき法律事務所]

042-444-7621

離婚に伴う財産分与 住宅ローン付きの不動産の持分の財産分与

質問

 

この度、夫と協議離婚することとになり、私が子供たちと住んでいる自宅不動産の夫の持分について、財産分与により取得することになりました。この不動産については、夫が借り入れた住宅ローンの担保のために抵当権が設定されています。

離婚に際して、このような合意に基づき、夫名義の持分を私に名義変更してもいいのでしょうか。

 

回答

 

本件のような、住宅ローン債務を担保するために抵当権が設定されている不動産に関して、財産分与のご相談を受けることは比較的多いです。

抵当権者である銀行に承諾を得なくても、財産分与を原因とする持分の移転登記手続自体はできます。しかし、不動産の名義変更をローンの期限の利益喪失事由とする約款に反することが通常であり、銀行に事前の承諾を受ける必要があります。

当事者に資力があれば、例外的に銀行がこれを承諾する場合もありますが、実際には、承諾しないことが大半です。

 

このような場合には、離婚時には名義変更せずに仮登記にとどめ、ローン完済時に本登記手続を行うことを内容とする公正証書の作成をお勧めします。

文案のポイントを列挙すると以下のとおりです。

①夫は、妻に対して、夫の持分について財産分与を原因とする所有権移転登記手続をする義務があることを認める。

②住宅ローンが完済されたときに、当該持分について、財産分与を原因とする所有権移転登記手続をする。

③夫は、妻に対して、当該持分につき、ローンの完済を停止条件とする条件付持分全部移転仮登記手続をする。

④住宅ローンを完済したときには、夫は妻に対して、当該持分につき、仮登記手続の本登記手続をする。

関連記事

Page Top